ノスタロジー​(​nostalogy)

by hikikomorio

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

      ¥250 JPY  or more

     

1.
2.
3.
4.
5.

about

hikikomorio初のボーカロイドアルバム。
ボーカルに初音ミクを迎え、独自の感性によるノスタルジーとメランコリーの追求、音によるその具現化を試みる。珠玉の4曲。

credits

released January 9, 2015

compose:hikikomorio
arrange:hikikomorio
liryc:hikikomorio
vo:初音ミク(Hatsune Miku)

cover illust:ねこにんげん(neconingen)

tags

license

all rights reserved

about

hikikomorio Japan

contact / help

Contact hikikomorio

Streaming and
Download help

Track Name: 家出少年(runaway boy)
大人たちが寝静まったら
そっと家を抜け出して
誰もいない交差点で
君と待ち合わせ

ねぇ、なんて静かな月の夜だろう
僕達だけが息をしてるみたい

町外れの工場の冷たい壁にもたれ
ジュースを飲みながら僕らは空を見る

ねぇ、なんて綺麗な月の夜だろう
微かに触れる君の体温

がらんとした国道の
道沿いに咲く花を
いくつも千切っては
意味もなく笑いあった

ねぇ、このまま遠くゆけたらいいね
ネヴァーランドの国を探して

さよならこの町戻らないよ
思い出だけを残して

ねぇ なんて綺麗な月の夜だろう
風にさわめく 長い前髪

さわめく風に 揺れる前髪
Track Name: 霞町奇譚(strange in kasumi town)
いつか迷い込んだ細い坂の小道
猫のあとを行けばそこは見知らぬ町

深い霧の中、鮮やかな赤鳥居
くぐれば鳴り響く鈴の音

垣根越しの空に怪しげな塔の影
いくら歩いても届かない夢のよう

半透明のクラゲが空を泳ぐ
いつしか見失う、空に消えてく

(朗読)
明滅する街灯に照らされたそれは
遮る物のない空をどこまでもどこまでも上昇していく
さび付いた歩道橋の上から見下ろす見覚えのある風景
枯れ果てた庭、蓮根畑、好きだった図書室の明かり
ずっと子供のままだった子供は
昔住んでいた町の中をいまもさまよい続けている
ここはいつまでも続く夕暮れの町…

見たこともない空の色、風の匂い
なぜだか懐かしく思い出す
Track Name: カム・カム・タイフーン(come come typhoon)
空は薄墨くすんだ鼠色
君はレモン色の傘を振り回して

じきに台風やってくるから
うかれているの?

雨は降りそそぎいつか海になって
小さな箱舟はどこへ流れて行く?

もっと降れ降れ何もかも皆
泥のコーヒーかき混ぜるように
Track Name: 黄昏迷宮(Twilight Labyrinth)
稲穂揺らす湿った夕風
赤い空は誰かの悲しみ

古い路地で終わる世界見ていたい
巡る巡る思考の迷宮

(空気を裂いて) 辺りを満たす
(調子のずれた) 家路の調べ

辿りつけない記憶の箱庭
忘れているいつでも何かを

(離れた心) ふいにどこから
(呼び戻される) カレーの匂い

空に空に溶けてく音楽
どうしてここにいるのか分からなくて